危機的な状況でも、子供がいれば乗り越えられる

事故車売却

今では高校生になった、うちの娘ですが、それまでにはいろいろなことがありました。
離婚したのは、子供が小学校の低学年の時だったので、その時は本当に大変でした。
仕事もしなければいけませんでしたし、家のこともやらなければいけませんし、子供のことも考えなければいけませんし、いろんなことがあって、その時はうつ病のような状態になってしまった事もありました。
さすがに、今のままではまずいと思い、心療内科へ通って、薬を飲むようにしました。
治るまでに結構な期間がかかりましたが、今はもうすっかり大丈夫です。
今だからこのように、話をするとができますが、当時は、話をするのも面倒くさいというような感じだったので、本当に危機的な状況だったと思います

そんな時も、やはり一番元気をくれたのが子供でした。
確かに、生活をするためにはこの日本では、お金が必要になります。
お金がないと何もできないので、働く以外に道はなかったので、私も頑張りましたが、子供も一緒に協力をしてくれました。
そんな娘に私はとても感謝しています。
あの時も娘がなければ、はっきりってどうなってたかわかりません。
子供がいたから頑張れた、ということだと思っています。
薬が効いて症状が良くなってからは、悪くなることもなく、今のところ平和に暮らしています。
これから、子供が、大学か専門学校へことになるので、今は稼ぐことしか考えていません。
来年子供が進学をすることになるまで、少しでも多く貯金をしておきたいので、今はがむしゃらに頑張るしかないと思っています。